ハワイのWeb制作会社で働くダンサーのブログ

ハワイ生活のブログ、移住、留学、観光、海外就職情報やホームページ制作、英語学習、ダンスについて

幻の滝を探しに未知のジャングル「コロアガウチ」を登山。8時間の過酷な冒険の末に見たものは。

2016/03/26

事の発端は、

土曜日の夜にハウスメイトのジョーが

「日曜日の朝ハイキング行くか?」

と聞いてきた事でした。

 

140315_funny23

 

ジョーの話によると、

2〜3時間の簡単なハイキングでものすごい奇麗な滝が見れるとのこと。

 

 

何も考えずに「いいよ」と回答し、

同僚でハワイの歩き方関係の仕事に携わっているミキさんも誘うことに。

 

ミキさんは「ビギナーでも大丈夫だったらいいよ」との事で、

3人でハイキングに行く事が決定しました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

和やかな雰囲気で散策開始!

 

私が思い描いていたハイキングと言えば

「景色を楽しみながら整備された道を歩く」

というようなアクティビティーでしたが、

この日は違いました。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

開始早々、草むらを掻き分けて進みます。

 

 

 

登山開始後30分で狂犬に遭遇

 

先頭を進んでいたジョーがいきなり止まって何かを見ていたので、

「どうしたんだ?」と聞くと

「あそこの犬がずっとこっちを見ているんだ」

と。

 

中国の西安で野犬に追いかけ回された経験(記事はこちら)のある私は

逃げる準備を整えながらも近づいてみると。。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

作り物だった。

 

 

 

山の頂上らしきポイントに到着

1時間くらいで山の頂上に到着。

新鮮な空気、きれいな自然に3人とも大満足。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

テンションの上がった私は、山の頂上でフリーズをカマしてきました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

今考えると、この時に引き返してハイキングを終了してビールでも一杯飲みに行っていれば、楽しい気持ちのまま良い思い出になっていたのでしょうが。。

 

 

 

 

川に到着。ここからが苦難の始まりだった。

 

山の頂上からさらに進み、30分くらい歩くと奇麗な水が流れるに到着。

ジョーがためらいもなく靴のまま川を横切ったので、

私とミキさんは何とか濡れないで川を渡る方法を探っていたところ、

「何やってるんだ?あと25回も川を横切るんだぞ」と。。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

買ったばかりのNikeの靴を履いていた私は、一つ大事な事を学びました。

 

 

ハイキングをなめたらアカン

 

minamino

 

 

 

 

この後はどんどん道が険しくなっていきます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

こんな道や

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

こんな道も。

 

 

 

完全にジャングルに迷い込みました。

 

 途中、誰かがキャンプをしていたらしき跡を発見。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ここまでの道中で全く人を見かけていなかった私は、

「ここまで辿り着いた人も他にいるんだ」と安心感を感じながらも、

「こんなところに連続殺人犯が住んでいたら一貫の終わりだな」と恐怖を覚えました。

 

 

 

山の怖さを思い知らされた。

 

前日の雨のせいで地面は泥だらけ。

最近のハリケーンのせいで登山道もぐちゃぐちゃになっている中、

カジュアルな普段着と新品の靴で軽装し、全身泥だらけになった私は

自分の軽卒さを自責しました。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

一番大変だったのがミキさんでしょう。

この過酷で険しい道で極限の疲労からか、この日5〜6回足を滑らせて尻餅をついていました。

 

本当に申し訳ありませんでした。

 

 

 

登山開始後4時間が経過。 続行か、引き返すか。

 

ジョーの話では3時間で滝まで到着するはずだったらしいが、

いつまで経っても滝は見当たりません。

 

 

ここまで来て滝を見ずに引き返すのは有り得ない選択だというのは承知していましたが、

私とミキさんはこの山で遭難するんじゃないかという不安に駆り立てられていました。

 

 

 

昼食を食べながら、このまま登山を続行するか引き返すかを皆で議論します。

 

ハイキングの昼食にピザを持参してきたジョー

ハイキングの昼食にピザを持参してきたジョー

 

 

結果は、引き返すことに。

 

 

 

帰りの道中は「行きは長く感じる。帰りは短く感じる」という旅の法則を信じて歩いていましたが、

この日は違いました。

 

 

 

帰りの方が2倍長く感じました。

 

 

 

 そして、

何とか麓に辿り着いたその時。 

 

私たちは驚愕の事実を発見します。

 

 

約20年前、この山で一人の少年が亡くなっていた

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

行きの道中では気付かなかったのですが、

麓にはとある少年についての記念碑が立てられていました。

 

 

約20年前、ボーイスカウトの一行と共にハイキングに来ていた彼は、

川の濁流に飲み込まれて命を落としてしまったとの事。

 

どうりでこの登山道で誰にも遭遇しなかった訳ですね。

 

 

もう一度言います。

なめたらいかんぜよ!!

 minamino

 

 

-おもしろ, 観光スポット
-, , ,