ハワイのWeb制作会社で働くダンサーのブログ

ハワイ生活のブログ、移住、留学、観光、海外就職情報やホームページ制作、英語学習、ダンスについて

世界のダンスシーンにお笑いブームをもたらした伝説の動画を紹介。

 

私が初めてこの動画を目にしたのは2012年の時のこと。

この頃はこの一本の動画が、世界のB-BOYシーンに大きな変化を与えることになるとは知るよしもありませんでした。

 usuikikaku

 

 

自己満すぎて伝わらないネタ集 by リルオッサ&オマタザマニアック

 

 

登場するのは広島の「Shangri-la」というクルーの「B-Boy Lil Ossa」と「Omata the Maniac」という人たち。

 

この人たちはよくバトルでも優勝するツワモノB-Boyだったのですが、「よくわからないけどおもしろい動きするな〜」と思う程度の認識でした。

それがこの動画を見ることによって、ようやくこの人達が何を表現していたのかがようやく分かった訳です。

 

 

 

第二弾!自己満すぎて伝わらないネタ集

 

 

Waseda Breakersのアツキと、一撃のプリンスさんという日本を代表するB-Boy2人を加えて発表したのがこの第二弾動画。

この二人もお笑いレベルが世界トップクラスに高いことで有名です。

 

 

 

この2つの動画が世界のダンスシーンに与えた影響

 

この動画が世界に与えた影響は計り知れません。

ただ単に「おもしろい」という感情を与えてくれたのみならず、オリジナルな技をクリエイトする際の大事な考え方も示してくれました。

 

それは、

  • 昔のダンサーから学び、自分流にアレンジする
  • 見えないものを表現する

ということです。

 

ダンスを始めたころは訳も分からず流れに任せてオリジナルな技を作ったりしていましたが、昔のB-Boy達はこの2つのアイデアを軸にしてオリジナリティを築き上げていったそうです。

 

 

One step One love

 

自分の創った技に名前をつけて、それを大事にすること。

オールドスクール的な考え方になるのでしょうが、昔のダンサー達はこうやってダンスを楽しんでいた訳で、私もそんな楽しみ方が大好きだったりします。

 

という訳で、私も創ってみました

 

「シャロンストーン」

 

 

乞うご期待!!

 

-ブレイクダンス
-,