ハワイのWeb制作会社で働くダンサーのブログ

世界のヘイショーによる個人ブログ。テーマはサイト制作、マーケティング、SEO、アフィリエイト、ハワイ、ポケモン、スケボー、海外就職、ダンスなど。

パンくずリストの構造化マークアップでSEO内部対策を最強にする方法

 

「SEO。それは長く険しい道のりである。」

という格言を唱え始めてかれこれ2ヶ月が経ちますが、最近少しずつ色々なテクニックが身に付いてきました!

 

中でも必須項目であろうと考えているものがこの「パンくずリストの構造化マークアップ」です。

割と簡単に設定できるので、誰でも気軽に試していただけると思います。

 

19439653

 

 

 

 

通常のパンくずリストのHTMLマークアップ

 

普通のマークアップがこんな感じ

可も不可も無い、という印象です。

 

巨人の選手に例えると、バントの名人「川相選手」といったところでしょうか。

 

prf-kawai[1]

 

 

 

microdataでマークアップする

 

下記のコードがmicrodataでマークアップしたバージョンです。

このようなマークアップを施しているサイトを見かけると、「なかなかやるな」と感心しますね。

 

阪神の選手で例えると、流し打ちの名人「和田選手」。いぶし銀な貫禄を感じます。

 

WADA

 

設定完了後、下記のサイトから正しく設定がされているかどうかご確認ください。

Google Developers Structured Data Testing Tool

 

 

 

 

Google Webmaster Toolで確認

 

何日か経つと、サイトの構造化データがGoogle Webmaster Toolに反映されます。

スクリーンショット 2015-06-13 14.46.28

 

Googleがサイトの構造化データを記録することにより、サイトの評価が上昇するという訳です。

 

SEO-guy

 

これであなたも、SEO内部対策の達人へと一歩近ずくことが出来るでしょう。

以上、microdataでのパンくずリストマークアップのお話でした。

 

 

-SEO
-,