ハワイのWeb制作会社で働くダンサーのブログ

世界のヘイショーによる個人ブログ。テーマはサイト制作、マーケティング、SEO、アフィリエイト、ハワイ、ポケモン、スケボー、海外就職、ダンスなど。

canonical(カノニカル)の使い方解説。2秒でSEO強化する方法【HTML入門】

2017/06/20

canonical(カノニカル)。。。この一度聞いただけでは絶対に忘れそうな名前のタグについて解説しましょう。

 

 

 

 

という人も多いかもしれませんが、一言で言うと「一つのタグをソースに入れるだけでサイト内の重複コンテンツを解消出来る」といった優れものです。

 

duplicate-content

 

  • 同じページが複数インデックスされる
  • サイト内に重複率の高いコンテンツが多い

このような場面にその威力を発揮します。

 

 

同じページが複数インデックスされる

 

私が管理していたサイトでは、以下のようなシチュエーションが発生していました。

  • トップページの「〜〜.com」と「〜〜.com/index.html」の両方がインデックスされる
  • 正規のURLとパラメーター(トラッキングコード)付きのURLの両方がインデックスされる
  • サブページのURLを変更した際、古いURLを削除しなかったので両方のURLがインデックスされていた
    (この時はサーバー環境から301リダイレクトが使用不可だった)

a4f2feac_1322225604112

 

 

 

サイト内に重複率の高いコンテンツが多い

 

分かり易い例で言うと、「ECサイトで色違いの商品に対して各ページが存在する」といった状況などです。例えば同じ商品に黒、白、ピンクの3種類のページがあり、そのページ内のコンテンツ、文章が写真以外は全て同じ場合、3つのページは重複しているのでGoogleからマイナス評価を受ける可能性があります。

 

430x323xf61096dde485ec3fc31ff68b

 

 

 

Canonical(カノニカル)タグの使い方

 

さて、前置きは長くなりましたが、使い方を説明します。

以下のコードを<head>内に置くだけでOKです。

 

ちなみに、WordPressを利用の方は「All in One SEO Package」のプラグインをインストールすると勝手に各ページに設定されます。

 

 

専門家の話によると、「SEOのベストプラクティスにとって、サイトマップの登場以来最大の変化」と言われるカノニカル

 

2秒で設定できるので、試してみてください!

 

4HymtkWTu5lhj6sfg624Pdf0_400

 

 

-SEO
-