ハワイのWeb制作会社で働くダンサーのブログ

ハワイ生活のブログ、移住、留学、観光、海外就職情報やホームページ制作、英語学習、ダンスについて

ボディーボード?サーフボード?キャッチサーフから話題沸騰中「Odysea・スタンプ」をブッタ斬る!

2016/06/20

 

先日、ワイキキのウォールズでボディーボードして遊んでいる人達を見ていたときのことです。

 

 

あれ、ボディーボードの上に立って乗ってるオッサンがいるやん。。

 

よく見ると、彼はサーフボードのような形をした、ボディーボード並みに短いボードに乗っていました。

 

しかも

 

パドルが物凄く速い!

 

短いボードなのにグイグイ進んでいく。。

この謎のボードの正体は何なのかということで、オッサンの元に駆けつけて聞いてみました。

 

 

 

キャッチサーフのOdysea(オディシー)シリーズ「スタンプ」

 

オッさんの話によると、キャッチサーフのStump(スタンプ)というボードを乗っていたそうです。

 

stump

 

キャッチサーフというのはブランドで、お洒落なソフトボードなど販売している人気ブランド。

その他にもBeater(ビーター), Skipper Fish(スキッパーフィッシュ), Log(ログ)などの人気商品がありますが、オッサンが乗っていたスタンプという種類は一番新しいモデルで、今一番人気があるそうです。

 

 

遊泳区域でサーフィンが可能!

 

ちなみに「ウォールズでサーフィンするのはありなん?」と聞いてみたところ、フィンを付けなければOKらしいです。

これはCatch Surfのコンセプトの一つでもあって、遊泳エリアでも気軽に使えるようにフィンが簡単に取り外し出来るようになっています。

 

CATCH-SURF

 

ウォールズでこの板に乗っていたこのオッサンはヒーローのように皆からもてはやされていました

 

 

短くて波に乗りやすい!しかもお洒落

 

このStumpの特徴は、一言で言うと短くてお洒落で波に乗りやすい

 

 

 

長さはたったの5フィート

ボディーボードを少し長くしたような感じで、一見ボディーボードのようにも見えます

持ち運びが便利ですね!こういうボードを探していました。

 

 

Odyseaシリーズ最大の魅力は桁外れの浮力 = パドルが楽

 

キャッチサーフの中でも、Odyseaシリーズはボードの浮力がとんでもなく高いです。

浮力が高いということは、パドルが速い = 波がキャッチしやすいという事。

 

 

今まではロングを持ってワイキキのクイーンズまで行くのが大変だったけど、スタンプであれば持ち運びも楽だし、お洒落だからドヤ顔で歩けるし。。。

 

 

今週買いに行く予定です。

 

 

 

-お勧め商品, スケボー・サーフィン
-