ハワイのWeb制作会社で働くダンサーのブログ

世界のヘイショーによる個人ブログ。テーマはサイト制作、マーケティング、SEO、アフィリエイト、ハワイ、ポケモン、スケボー、海外就職、ダンスなど。

謎の関節痛の原因が判明。反応性関節炎(ライター症候群)だった。

こんにちは。以前から謎の関節痛に悩まされているという日記を書いてきましたが、先日ついにリウマチ科を訪れてきました。

【過去記事】
アメリカ医療制度と奮闘中!ERからの高額請求で破産寸前の危機に。。
謎の関節痛。アメリカの高額医療費(2100ドル)。保険も適用されない。死ぬかもしれない。

 

謎の関節痛が発症して約2ヶ月が経ちましたが、実は最近、関節痛はすっかりかなり良くなっていました

運動はできないまでも、歩くことも物を持つことも出来るので、日常生活には支障が無いくらいに回復しています。

 

 

tasukatta

 

こんな状況で医者に行くのもどうかと思いましたが、まだ朝に手の指や足の裏の痛みがあったこともあり、原因究明を計るためにもストラウブ病院へ行ってきました。

 

 

結果は反応性関節炎(ライター症候群)という病気でした

 

ドクターのサンポスさんに過去の経緯を全て説明したところ、「現在回復へ向かっている時点でリウマチではない」と診断されました。

疑いが強いのが、反応性関節炎というウイルス性の病気とのこと。これはライター症候群という名前でも知られています。

 

どういう病気かというと、なんらかの細菌に感染することによって体がアレルギー反応を起こし、細菌が消滅したあとも体が反応を続けてしまうことによって関節に炎症を起こす、という病気だそうです。

 

 

反応性関節炎の原因

 

インターネットで調べるといろいろな説があるらしいのですが、一般的には性感染や食中毒から起こるそうです。

性感染というと恥ずかしい話ではありますが、私は覚えがないのでこの可能性は無いと思っています。

 

食中毒ではサルモネア菌によって反応性関節炎が発症することがあるそうです。

サルモネア菌の感染経路は、不十分に加熱されなかった肉野菜などからとのこと。

 

ここで疑いを持ったのが、私が以前からたまに食べていた卵かけご飯です。

ネットで調べると、アメリカではサラモネア菌感染のリスクがあるので生卵は絶対に食べないらしいです。

 

これが原因かどうかは分かりませんが、もう二度と卵かけご飯は食べないようにしたいと思います。高いレッスン代を払いました。

 

 

アメリカではキュウリによるサルモネア食中毒が流行していたらしい

 

もう一つ疑っているのがキュウリです。

 

kyuri

 

私はこのニュースを知らなかったのですが、アメリカでは2015年9月頃からキュウリによるサルモネア食中毒が流行していたとのこと。

関節痛が発症したのが10月初旬なので、どこかのレストランで食べたキュウリに食あたりした可能性があるかもしれません。

 

 

複合的な原因の可能性も。。

 

さらにもう一点疑っているのが、この病気にかかる前の時期には毎週末飲みに行っては無茶な飲み方をしたり、ジムでハードトレーニングをして腰を痛めたりしていたことです。

二日酔いでよく下痢を起こしたりもしていたので、もしかしたらこの頃は免疫力が低下していて感染が起こってしまったのかもしれません。

 

hangover

 

今後はなるべく過度のアルコールは控えなくては、と思います。

 

 

治し方、後遺症は??

 

ドクター・サンポスさんの話によると、この病気は6週間〜8週間で自然に治るそうで、再発することもないらしいです。

ということは、もう少し時間が経てば運動やダンスも出来るようになります!

大したことが無くて本当に良かった。

 

 

No Rain No Rainbow

今は雨が止んで、虹が見えたような気持ちです!

 

norain

 

心配してくださった方々がいらっしゃいましたら、心配をお掛けして申し訳ございませんでしたm(_ _)m

 

 

-ハワイ生活ブログ