ハワイのWeb制作会社で働くダンサーのブログ

世界のヘイショーによる個人ブログ。テーマはサイト制作、マーケティング、SEO、アフィリエイト、ハワイ、ポケモン、スケボー、海外就職、ダンスなど。

最近流行っている洋楽ヒップホップの問題作「Panda (by Desiigner)」の踊り方

2017/06/05

 

この曲知ってますか??

 

 

最近よくかかっている曲です。Desiigner(デザイナー)のPanda(パンダ)という曲。

 

危なそうな奴ですね。。

道端で見かけたら絶対に近づきたくない。

 

しかしこの曲、アメリカでは2、3か月前から爆発的にヒットしていて、ビルボードのトップチャートでは3ヶ月くらいトップ3に入り続けていたり、クラブシーンではFetty WrapのTrap Queen以来のキラーチューン的存在になりつつあると言われていたり、とにかく注目度は高めなんですわ。

 

ちなみに私自身はギャングスター的要素はまったくない真面目な好青年ですが、この曲は割と好きです。ぶつぶつ歌ってるところとか。

 

さて、今日はこの曲について特集してみます。

 

 

歌詞について

 

歌詞の内容は正直いまだによく分かりませんが、ヒップホップによくある「犯罪に手を染めながらリッチになっていく」みたいな感じです。

 

desiigner

 

ちなみにタイトルの「パンダ」の意味は白のBMWのX6のことで、白の車体と黒の窓がパンダみたいに見えることからパンダと呼ばれています。

 

歌詞の内容については、詳しくはこちらのリンクをご参照ください↓

 

この記事によると、歌詞の内容はゲームの中での話のようですね。

なるほど、でないとこんな危ない曲は世に流通できないですよね。。

 

 

パンダの踊り方

 

先日ワイキキのクラブに行った時にこの曲がかかっていて、変な踊り方をしている人が数名いたので調べてみました。

やはりこの曲独特の踊り方みたいなものがあるようです。

 

 

8ビート毎に聞こえる叫び声に合わせてポージングを作るみたいな感じですかね。

DABダンスをアレンジしたようなダンスでしょうか。DABダンスの定義がいまいち理解できていませんが。。

 

 

#pandachallenge

 

インスタやVineに「#pandachallenge」というハッシュタグをつけてフリを投稿するのも一時期流行ったそうです。

 

 

いろいろな踊り方をしている人がいますが、中には歌詞の内容に合わせてフリを作っている人もいてかなりCOOLですね。

私も時間があればチャレンジしてみたいです。

 

気に入った方は歌詞の内容に合わせてフリを作ってみてください!

 

I got broads in Atlanta
アトランタで女たちを調達した

Twistin' dope, lean, and the Fanta
トゥイスティン・ドープ(マリワナ)、それにリーン(咳止めシロップ)とファンタ

Credit cards and the scammers
クレジットカードにスキャマー(スキミング用の読み取り機)

Hittin' off licks in the bando
バンドー(アジト)で大金を稼ぐ

Black X6, Phantom
黒のX6はファントム

White X6 looks like a panda
白のX6はまるでパンダ

Goin' out like I'm Montana
外出するとき俺は(トニー・)モンタナ

Hundred killers, hundred hammers
殺人鬼や暴れん坊だらけだからな

Black X6, Phantom
黒のX6はファントム

White X6, panda
白のX6はまるでパンダ

Pockets swole, Danny
ポケットはキャッシュでパンパン、ダニー

Sellin' bar, candy
キャンディーのようにバー(精神安定剤)を売る

Man I'm the macho like Randy
俺はランディ(・サベージ)みたいにマッチョ

The choppa go Oscar for Grammy
銃声はグラミーのオスカーなみ

Bitch nigga pull up ya panty
ビッチ、ニガー、パンティーをはきな

Hope you killas understand me
俺を煩わせないでくれよな

 

**和訳はここから引用させていただきました。

 

-ダンス, 音楽
-