ハワイのWeb制作会社で働くダンサーのブログ

世界のヘイショーによる個人ブログ。テーマはサイト制作、マーケティング、SEO、アフィリエイト、ハワイ、ポケモン、スケボー、海外就職、ダンスなど。

ミニサイトとアフィリエイトサイトの違いを比較。ガチで儲ける方法はこれ。

2017/06/05

 

本日はWebサイト制作、アフィリエイトに関する話題。

 

ミニサイトって知ってますか??

 

 

私はつい最近知りました。この本を見てからね。

 

 

 

この本のタイトルを見た瞬間、「これだ!」と思いました。

「ほったらかし」「月10万」「儲ける」。。。

邪な考えを持った人々を釣るには十分過ぎるほどの洗脳性をもった文言にまんまと引っかかったという訳ですね。

 

 

ミニサイトと呼ばれるものを一通り見たあとの最初の印象は「アフィリエイトサイトと何が違うのかな?」と思っていたのですが、リサーチしていく内にその違いのようなものが見えてきました。

一言で言うとアフィリエイトサイトをよりマニアックなトピックに絞り、趣味レベルで作成するのがミニサイトのことです。

しかし本の中でも和田亜希子さんが言っている通り、使い方次第ではマネタイズも可能だし無限の可能性が広がっているのではないかと思い始めています。本の影響だと思いますが。。

 

ということで、ミニサイトに興味津々な方のために私なりにリサーチした調査結果を報告したいと思います。

 

 

ミニサイトとは??

 

説明するよりも見ていただいた方が早いと思います。

以下は著者の和田亜希子さんのミニサイト

という感じです。特徴的としては、

  1. マニアックなトピックを主題にしている
  2. 体系的に情報が習得できるようなトップページの構成になっている

みたいな感じですかね。

個人的な感想としては、デザインがなんか素人っぽいな~と思いました。(本人が見ていたらすみません笑)

まぁ情報重視なんでそこは求めるべきではないかと思いますが、アフィリエイトサイトも最近はデザインがマシになってきているので、そこらへんは大きな違いかなと。

 

 

デザインが良いアフィリエイトサイト一覧

 

 

ミニサイトとアフィリエイトサイトを違いを比較

 

上記のリストを元に、アフィリエイトサイトとミニサイトの違いを表にまとめてみました。

  ミニサイト アフィリエイトサイト
デザイン 素人っぽい 良いデザインも稀に見る
トピック - マニアックなトピックが多い
- 作者の個性を生かす
収益性の良いトピック限定
コンテンツ量 コンパクト ボリューミー
トップページ・レイアウト サイドバーと、2分割されたメインコンテンツにテキストリンクが縦に並んでいるものが多い バリエーション多彩
集客力 難しいと予想 ブログに押されつつあるものの、まだまだ検索上位に来るものも多い
マネタイズ Google AdsenseとAmazonアソシエイトが主になると思う。
あと、後々同じ内容をKindleで出版するのもアリ。
A8などのアフィリエイトASPが中心

 

 

制作手順はほぼ同じ

 

和田さんの本に書いてあったミニサイトの制作手順はこんな感じです。

  • 現状のネット検索では探しきれないようなニッチなテーマを探す
  • 企画書、サイト構成プランを作る(参考
  • 作業を始める前にカテゴリー、タグ、書く記事の内容などを全てリストアップする
  • 短期間で仕上げるためにタイムラインもしっかり作る
  • 作業して、完成後は放置

 

 

アフィリエイトサイトと同じような感じですね。

アフィリエイトサイトではもう少しマネタイズや集客の部分について考慮する必要がありますが、アフィリエイターを目指す人が練習としてミニサイトを作ってみるのも良いかもしれません。

 

 

ミニサイトで本当に月10万稼げるの??

 

アマゾンのレビューを見ても多くの人が同じ事を言っていますが、本に書かれている内容だけで月10万円のアフィリエイト収入を得ることは絶対に無理だと思います。

まず集客が難しいでしょう。

いくら専門性があっても少ない記事数+文字数ではさすがに今のGoogleのアルゴリズムではパワー不足になるのではないかなと。。

また、いくらニッチな内容でニッチなキーワードを獲得しても、SEOに強いメディアが長文の濃い記事を投下すればすぐに順位を奪われるのではないかと思います。

 

 

 

 

ただし

 

個人的には、以下の方法を用いればミニサイトでもある程度集客できる可能性はあるのではないか思っています。

  1. 集客力のあるブログがあればそこからリンクさせる
  2. 強いドメインのサイトを持っていれば、そのドメインのサブディレクトリでミニサイトを作る。
    →これによって初めからある程度のドメインランクでスタートを切ることが出来る。逆に新規ドメインでミニサイトを作成するのはかなり無謀。
  3. 新規ドメインから始める場合は、最初はブログ型にしてを記事を量産して(外注もOK)ドメインを強くする → ミニサイトへ変身させる。

 

ミニサイトの魅力

 

若干disりましたが、私もミニサイトをいくつか作りたいと考えています。理由は以下の通り。

  • 自分の知識、Webサイト制作スキルを作品として残せる。後々にKindleで書籍化も可能。
  • クレジットカードや水、美容商品などを販売するアフィリエイトサイトがあまり好きではない
  • ブログの更新に追われてきた
  • 本格的なSEO知識が必要になる→学べる
    → ブログだと、テンプレートとライティング次第でどうにかなるので。

 

実は言うと、今ミニブログのアイデアが溢れるように出てきています。

内容についてはトップシークレットですが、個人ブログ、ハワイ系、英語系、海外就職系のブログがあるので、これらのサブディレクトリでミニサイトを作っていけばある程度のアクセスは引っ張れるのではないかな〜と思います。

 

 

忙しくなりそうですな。

 

-Kindle本, アフィリエイト
-