ハワイのWeb制作会社で働くダンサーのブログ

世界のヘイショーによる個人ブログ。テーマはサイト制作、マーケティング、SEO、アフィリエイト、ハワイ、ポケモン、スケボー、海外就職、ダンスなど。

海外のSNSで炎上している二足歩行で歩くプードル犬スシちゃんの真相

2017/06/27

 

つい最近海外のSNSで話題になっている「2足歩行」で歩く犬の件です。

まずはこの動画をご覧ください。

 

 

 

え!?

 

本当ですか!?

 

と目を疑ってしまうほど軽やかに歩いています!

この動画を見た時は私もテンションが上がり、思わずリツイートしてしまいました。

 

 

スシちゃんという名前のプードルらしい。

 

 

この動画はリツイート数5万回という拡散っぷりであっという間に有名になったのですが、数日後にある動画を発見してしまいました。

 

 

 

壮絶な虐待による訓練が行われていた。。

 

 

いや、これは可哀想すぎでしょう。怯えてるし。

犬が2足歩行するなんてよっぽどのことですから、相当虐待したんでしょうね。。

 

調教しているのは、マレーシア人とシンガポール人のカップル。

 

以下の記事に詳細が書かれています。

>> Dog Abuse: Poodle named 'Sushi' Forced to Stand(英語)

 

この記事ではオーナーの個人情報まで公開されていて、女性の名前が「Doreen Loo」で男性の名前が「Champ Alan」(こちらは確実ではない)というらしいです。

 

スシちゃんはもうすでに亡くなっていて、このカップルは新しい犬をまた調教しているそうです。。

 

 

 

世界中で非難が殺到

 

当然のことながら、世界中の犬好きの方々から非難が殺到している模様です。

スシちゃんが死んでしまったのは、二足歩行による背骨の負担によるものではないかと推測されています。

 

 

多くのプードルが2足歩行の訓練を強制させられている

 

Youtubeで調べたところ、他にも多くの歩くプードル犬の動画が公開されていました。

>>Youtubeの「walking dog」の検索結果

 

訓練している人は中国系の人たちが多いですね。。

もしかしたら「プードルは訓練すれば歩く」みたいな情報が出回っているのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

ええ加減にせぇよ!!

 

 

亡くなったスシちゃんのご冥福を祈ります。

 

 

2017年6月23日追記:

当記事はSNSで多くの方に拡散され、様々なコメントをいただきました。

多くの方々が「何か出来ることはないか?」というコメントを残されていますが、日本人の私たちが他国の一匹の犬の命を救うことが出来るのかどうか。。残念ながら今の私には分かりません。

日本などの先進国では犬、猫の権利が認められるようになってきていますが、私の経験上、発展途上国ではまだまだ難しいように思います。

ただ、動物を想いやる素晴らしい心をお持ちの皆さんが一緒になって問題を取り上げてくださったことが私はとても嬉しかったです。

ありがとうございました。

 

他にも動物愛護についての問題を取り上げてますので、興味のある方は読んでみてください。

 

 

-動物の権利