ハワイのWeb制作会社で働くダンサーのブログ

世界のヘイショーによる個人ブログ。テーマはサイト制作、マーケティング、SEO、アフィリエイト、ハワイ、ポケモン、スケボー、海外就職、ダンスなど。

ホリエモン(堀江貴文)の新作Kindle本「他動力」をぶった斬る(ただの感想)

 

先日久しぶりにビジネス本を買ったのですが、今日は本の感想を書きたいと思います。

 

他動力

 

 

by ホリエモン(堀江貴文)

 

感想を一言で言うと、「モンスター」と言いたいです。

 

ジムに行っている時に同時進行でスマホで仕事するとか凄すぎでしょう笑。

たしかにウェイトとかやる時のインターバルの時間とか携帯いじりますけど、仕事しようとは思ったことは無いですね。

 

私もたまに忙しい時に「料理+食べる+片付ける」の時間がもったいないので、「料理しながら食べる+皿洗いも同時進行する」という方法を用いることがあるのですが、おそらくホリエモンも実践しているでしょうね。

 

話はそれましたが、本の感想。

今回のホリエモンの本は今までの本の内容とかぶる部分が多かったのですが、それでも学ぶことは多くありました。

正直言うと星5つとまではいきませんが、それでもいくつかの名言などが散りばめられていて、仕事のモチベーションは確実に上げてくれました。

 

今回は重要だと思ったことや、メモしたいと思った内容、名言などをまとめたいと思います。

 

 

ある一つのスキルを身に付ければ100人に1人の存在になれるけど、もう一つ別のスキルを身に付ければ100 x 100 = 10000人に1人になれるという理論

 

これには私も思いつくところがあって、自分も今まで海外でWeb制作、マーケティングを学んできた結果、いろいろな会社からオファーをもらえるキャリアを身に付けることが出来ました。

 

自分の場合は

デザイン x コーディング(Web制作) x マーケティング x コンテンツ制作 x 英語

 

と持っているスキルはこんなところだけど(それぞれは中途半端ですが)、結果として例えば日本の転職エージェントに登録すると外資系の企業からよくWebマスターやマーケティングのポジションでオファーをもらえます。

なので次に仕事を探すときには自分の持っているスキルを全て活かせれる場所を探した方が自分のバリューは増すのかな、と思いました。

 

ただ大手企業はマルチなスキルよりも専門的知識を持っている人を好む傾向があるので、私には向いていないのかもしれませんが。

 

 

バランスが取れたつまらない人間にならないように。偏って。極端に。

 

以下は本からの引用です。

小学生のころ、給食の時間に「三角食べをしましょう」というワケのわからない指導をされたのではなかろうか。

「ご飯→おかず→味噌汁→ご飯→おかず→味噌汁」とお盆の上で三角形を描くように食べなければ、栄養バランスの良い食生活にならないというアレである。

おかずをアテにご飯をかきこみ、最後に味噌汁をすすって終わりにしたところで、何の問題もなかろう

 

ホリエモンの冷静な指摘に思わず笑ってしまいました笑。

上記の引用はただの一例ですが、話の本質は「一つのことにサルのようにハマってみよう」という内容です。

 

一つのことに集中してハマって、飽きる。

飽きるということは、慣れて余裕が出てきたということなので、つまり成長したということ。

ハマって飽きて、を繰り返すことで確実に成長しているんだよ、というメッセージでした。

 

 

見切り発車は成功のもと

 

引用。

準備にかける時間は、時間の無駄である。見切り発車でいい。すぐに始めてしまって、走りながら考えよう。

 

この思想は、私がホリエモンを尊敬している理由の一つです。

先日億万長者のYさんにYoutubeチャンネルの開設を勧められた時にも同じようなお話をしていただきました。

 

「成功する前に不安要素を考えなくていい。軌道に乗った後に問題を埋めていけばいいよ。」

 

思いついたら即行動。やっていきましょう。

 

 

その他の名言

 

今読み返してみると、内容の濃い本なので一つ一つの章をレビューすると記事がとんでもなくなるような気がしてきました。

 

とりあえず自分が感銘を受けた言葉や章を以下にまとめておきます。

  • 電話をかけてくる人間とは仕事をするな
    → マルチタスクしやすいチャットを使う
  • 大事な会議でスマホをいじる勇気をもて
    → 他人の時間を自分の時間に引き戻す
  • 仕事を選ぼう。
    → 嫌な仕事、気が乗らない仕事は断らなければ、仕事に振り回されて自分の時間がなくなってしまう
  • すべての仕事はスマホでできる
    → フリック入力がPCのブラインドタッチ並に速くなった今、わざわざ会社に出向いて仕事する必要は無い
  • 仕事の速さはリズムで決まる
    → メールを見て即返信する。Lineでピッピっとやりとりする。長めのテキストは隙間時間にチェックする。
  • ヒマな人ほど返信は遅く、忙しい人ほど返信は早い
    → 仕事がデキる人には「レスが速い」という共通点があり、忙しい人ほど持ち球を手元に溜めない
  • ハワイに別荘を持つな
    → 安定感のある観光都市なんておもしろみを感じない

 

 

サクサク読めるからおもしろい

 

自分は2日くらいで読んでしまったのですが、彼の思想通り面白い話が無駄なく敷き詰められているので、あっと言う間に読み終えてしまいました。

ブログを読む感覚で読めてしまう感じです。

 

もしかしたらインパクトのある見出しで興味を引き、サブの見出しに要点をまとめることで細かい部分を気にしないように設計されているなどのテクニックが用いられているのかもしれません。

 

5〜6時間の読書でいろいろ学んだりモチベーションが上がったりしたので、読んでよかったと思います!

 

ただ今までのまとめ的な本なので、ホリエモンの本を何冊も持っているという方にとっては読む必要は無いもしれませんが。。

 

ヘイショーからは以上です。ご精読ありがとうございました。

 

-Kindle本