ハワイのWeb制作会社で働くダンサーのブログ

世界のヘイショーによる個人ブログ。テーマはサイト制作、マーケティング、SEO、アフィリエイト、ハワイ、ポケモン、スケボー、海外就職、ダンスなど。

ベジタリアン(ビーガン)が肉食者を論破した動画から菜食主義の真髄を知った

2017/07/07

 

こんにちは、世界のヘイショーです。

今日はまた動物愛護の話について。

 

私は以前から菜食主義に強い関心を持っていて、よく肉食の是非を自問自答しては葛藤したりしていました。

 

 

世の中には「好きなものを食べればいい」という利己主義(快楽主義とも言う)な人と「動物の犠牲を少しでも減らしたい」という利他主義な人がいるのですが、今のところの人間の価値観で言うとどちらが正しいかは判断できません。

 

両方の価値観を認めることは大事だけれとも、今こうしている間にも何千、何万匹の家畜達が虐待とも取れるような扱いを受け虐殺されている事実を考えると胸が痛い。

 

ただベジタリアンになるには生活に大きな支障を与えられる訳で、例えば友人や交際相手と食事に行く際に揉めたりもするし、アメリカだと生活コストも上がる。ビガンレストラン(肉を使わない店)に行こうと言うと、相手に露骨に嫌な顔をされたりもします。

 

そんな訳で自分自身を納得させるためには強い意志が必要なのですが、自分の知識が浅いためかまだまだそれが持てないでいました。

 

しかし

 

先日そんな自分を変えるきっかけとなったある動画と出会いました。

 

 

肉食禁止を掲げる何かのグループのような方々が、路上で捕まえた肉食者の方と議論を展開している動画です。

はじめは肉食者の方は少しエキサイティングした様子でベジタリアンを完全否定していたのですが、最後には「俺もビガンになるわ」と言って和解した感動の動画。

 

英語の動画で日本の方には分かりにくいと思いますので、自分が重要だと思った部分のみ翻訳を以下に載せておきますので、ご覧いただけると幸いです。

 

 

 

まずベジタリアンの彼らが冒頭で肉食者に問いかけている鋭い質問

 

ベジタリアン: Do you eat meat or dairy?  
  肉や乳製品を食べますか?

肉食者: Yes
  はい

ベジタリアン: Do you have a choice weather you need to buy it or not?  
  肉を買う買わないを決める選択肢は持っていますか?

肉食者: Yes
  はい

ベジタリアン: Would buying it cause more harm than not buying it?  
  肉を買うことは、買わないことよりもより多くの犠牲を生みだしますか?

肉食者: Absolutely
  当たり前だろ

 

この3つの質問はとてつもなくソリッドと言えます。

彼らはこの質問によって「肉を買わない選択肢があるかどうか」ということと「肉を買うことはより多くの犠牲を生み出すか」という二つの問題意識を明確に投げかけました。

 

 

 

他の生物を傷つけないように生きていく術はないという肉食者の主張

 

肉食者
We shouldn't be even walking around (お前たちの言うことが正しいなら)歩くことさえ出来ないね。

ベジタリアン: 
We don't have to be all or nothing about it. We can find ways to minimize our harm  極端にならなくてもいい。犠牲を最小限に抑える方法を見つけよう。

 

「人間は生きていくだけで他の生物の命を奪っているんだ。だからベジタリアンの言い分は筋が通らない。」という揚げ足を取るような肉食者の主張に対し、「minimize our harm(犠牲を最小限に抑える)」という言葉を使うことによってその矛盾を解放することに成功しました。

 

 

 

Where do I need to draw lines. どこで境界線を引くのか。

 

肉食者
What is more important, a human or an animal?? 人間と動物、どちらがより大切な存在なのか。

ベジタリアン: 
When? What content?  いつの時代に? 何に対して?

肉食者
In terms of value どちらが価値があるのか。

ベジタリアン: 
To who? 誰に対して?

肉食者: 
To anybody 皆に対して。

ベジタリアン
If someone thinks that they own the animal then they'll probably value that animal more than another animal もし誰かがある動物を飼っていたすれば、その人は飼っている動物を他の動物よりも価値があると思うだろうね

肉食者
Regardless of owning. Ok let's say you have a human and a cow and somebody says Im going to kill one of these. Which one would you say that person should kill. 飼っているかどうかは関係ないとして。例えば、人間と牛どちらかを殺さないといけないとすれば、どちらを殺す?

ベジタリアン
I would feel very uncomfortable about it but I would probably say the cow. すごく嫌な気持ちになるだろうけど、牛と答えるだろうね

肉食者
Ok then that means you value human life over a cow's life ということは、君は人間の命が牛の命よりも価値があると思うんだね。

ベジタリアン
In certain circumstance, yes.  状況によってはそうだね。

 

 

肉食者の「人間と動物どちらが価値があるのか」という問いかけに対し、ベジタリアンはあっさりと「人間」と認めます。

しかし、ここからベジタリアンの逆襲が始まります。

 

 

ベジタリアン: 
But we are not in that situation. 俺たちはそんな状況にはいないだろ?

And using extreme situations to justify eating meat and dairy when you don't need to, doesn't make sense. 極端な状況の例え話を使うことによって、必要のない肉食を正当化することは筋が通らない。 

 

 

問題を解決するために一人一人が出来ることの内容は違うでしょう。

ただ自分の立ち位置を見極め、どこまで自分が協力できるかを判断する努力をすること。

少なくとも先進国で生活している人は、このような意識を持つことはくらいは出来ると思います。

 

 

 

世界には他にも様々な問題を抱えている

 

肉食者: 
There is so much shit goes on in the world that there is already enough for me to think about. Like the environmental impact. 世界には環境問題のような様々な問題がありすぎて、そこまで手が回らない。

ベジタリアン: 
Have you heard about an environmental impact of animal agriculture? It's not like one isolated issue. 畜産が環境に与える影響について知ってますか?それぞれは孤立した問題ではなく、つながっている。

 

 

畜産は地球温暖化、森林伐採、発展途上国の水不足や食糧不足にもつながっています。

 

 

 

How do you actually change?? 現実的にどうやって世界を変えるんだ?

 

ベジタリアン: 
You can go and protest about war but what kind of power do you have to stop a war? 例えば、あなたがもし戦争反対を唱えているとする。戦争を止めるために、あなたにはどれだけの権力がありますか?

ベジタリアン: 
But this is something that you can do something about. You are just in a shop, you don't buy this. It's one of the thing you can do something about. けどこれは、あなたが出来ることは何かということ。お店で肉を買わない。これはあなたが出来る一つのことです。

 

 

 

 

全てを変えなければならない。でないと偽善者で終わってしまう。

 

肉食者: 
I would have to change everything. The way I think..  全てを変えなければならない。 考え方も全て。

肉食者: 
I'd try and be consistent with my....  otherwise you end in hypocrisy.  筋を通さないといけない。でないと偽善者で終わってしまう。

ベジタリアン: 
Are you interested in being a vegan?? ビガンになろうとしているか?

肉食者: 
I'm just interested in trying to cause as little damage as possible.  ただ犠牲を最小限に抑えるという考えに興味がある。

ベジタリアン: 
You can do that a little bit.  (まずは)少しだけなら出来るよ。

肉食者: 
Yes, I probably should.   (沈黙のあと)。。たしかにそうするべきだね。

ベジタリアン: 
No you can.....  It's not about us telling you what you should do and you shouldn't do, you know you can. 俺たちはあなたが何をすべきか、何をすべでないかを教えている訳ではないんだ。けどあなたはもう自分でも分かっているよ。自分にも出来るって。

肉食者: 
Yeah I definitely can. 間違いなく出来るね。

 

 

私は「You can do that a little bit」という言葉が好きですね。

少しのことを始めることでさえとても勇気のいることなのに、いきなり全てを変えることなんて絶対に出来ないですよね?

これは全てのことに言えることですが。

 

 

 

Do you miss eating meat?? 肉は恋しいですか?

 

ベジタリアン
I used to love it but... since I've become a vegan, I've had to learn how to cook, learn about all the kinds of foods there are. I used to eat meet and veg everyday and the food was kind of like .. interesting but it didn't make me feel good. I did used to enjoy it but nowhere near as much as I enjoy food now. I feel now so much healthy.

昔は好きだったよ。けどビガンになって、料理や食材について学ばなければならなかったんだ。昔は肉を毎日食べてた。けど気分ば良くなかった。グルメをそれなりに楽しんでいたけど、今ほどではないね。今はとてもヘルシーになった。

 

これは私にも言えることです。

昔はお米と肉とあと何かを食べるというような食習慣だったのが、今では料理をするようになりました。

レシピを見て、バリエーションを考えるようになりました。

 

 

ファーマーズマーケットに行って一つ一つの食材を店員さんに聞いたり、調理方法を聞いたりする内に仲良くなったりもしました。

新鮮な野菜を上手く料理できるとすごく嬉しい気持ちになります。健康にも良いし、ポジティブな気持ちになれる。

 

 

 

人類は何千年ものあいだ肉を食べてきた

 

肉食者: 
We've been eating meat for thousand of years. 人類は何千年ものあいだ肉を食べてきた。

ベジタリアン: 
Yeah, we've also been obsessing women, killing each other. Raping...  そうだね。女性を虐げてきたり、レイプしたり、殺し合ったりもしてきた。

肉食者: 
Exactly. Just because you've been something for ages doesn't make it right. たしかに。長年行ってきたからといって、それが正しいという訳ではない。

 

 

 

以上

 

この動画は何回見ても良いですね。

肉食者の方も理解があって、ある程度成熟した年齢にもかかわらず自分の考えを変える勇気を持っているし、ベジタリアンの方は肉食者の疑問に全て完璧に答えることが出来た。

 

この動画に登場する方は、おそらくベジタリアン(ビガン)の中でもトップクラスに深い知識と経験を兼ね備えた方なんだと思います。ベジタリアンの世界も奥が深く、1〜2年で理解できるものではありません。

 

 

ちなみにパート2はこちら。

 

 

 

そんな感じで私はベジタリアンになった訳ではありますが、ここまで来るには時間がかかりました。

当ブログでも度々動物愛護についても問題は取り上げているのですが、そうこうしている内に自分の中で変化が生じてきたのかもしれません。

もし興味がある方がいれば、以下の記事を読むとどのようにして考え方が変わってきたのか分かると思います。

 

 

 

-動物の権利