新しいブログ始めました「ゼロからの海外就職&留学ブログ」

ペニーのスケボーの偽物をAmazonで買った結果。ミニクルーザーが高くて買えない人へ。

アメリカに来て無性に欲しくなっているのが、ペニースケートボードとそれらを始めとするミニクルーザーです!

という人は、この動画を見てもらえれば分かるでしょう。

携帯が全く気にならないほどコンパクトで、ワンプッシュでどこまでも進む「夢のスケートボード」です。

 

高すぎるPennyの値段

Pennyが欲しくてアラモアナの店を巡ったのですが、価格は安いタイプで100ドル120ドルと。。。今までは3000円以内のスケボーしか買った事が無かったので、一万円以上するスケボーを購入する事に若干の抵抗があった訳です。。そこで、アメリカのAmazonで偽物のPennyをチェックしてみる事にしました。

 

3000円の激安Penny(ニセモノ)を発見

Amazonで「Penny」と検索すると、山のようにニセモノのスケートボードが出現します。その中で私が目を付けたのがこれ。

Pennyのニセモノ

penny_fake

送料込みで38ドル。レビューも8分の6が5つ星の評価が下されていました。安いので、早速購入です!!

 

配送トラブル発生!!

購入した時、決済の画面で価格がなぜか45ドルに上がっていたのですが、「ハワイだと割高になるのか」と思って気にせずに購入。発送メールをよく見てみると「Priority」が勝手にオプションでついていました。

待ち遠しくて毎日のようにトラッキングで状況を確認していたところ、ある日配達状況が「配達済み」になっていた事に気が付きました。商品は未だ私の手元には届いてません。

配達先住所を会社のオフィスにしたので、受取人不在で郵便局で保管されている可能性は有り得ません。「別の住所に配達されてパクられたか」と思い、郵便局やAmazonに何度も問い合わせしました。

 

ついに届いたPennyの偽物スケートボード

3日間くらいガッカリした気持ちを引きずっていたのですが、ある朝オフィスに出社するとデスクの上にデカい段ボールが。。届きました!!

会社の同僚に確認したところ、会社のメールボックスに入っていたとの事。Amazonからの配達で、しかもデカい商品なのでてっきりオフィスに届くと思いきや、メールボックスに放り込まれるとは。。しかも会社のメールボックスそんなにデカかったんや。。

 

品質をチェックしてみると

さっそく箱を開けてスケートボードをチェックしてみると。。

なんじゃこりゃ!クオリティ低すぎましたわ(><)ウィールは全然回らないし、ボードの中心に乗ると折れそうなくらいたわむし。。レビューにはPennyと同じような品質だって書いてたけど、こんなのPennyに比べればガラクタ同然ですわ!!

ええ加減にせぇ!!

 

 

返品を試みた結果

周りの友人にも、「あまりにもショボいから返品したら?」とアドバイスされたので、返品を試みる事に。いろいろと調べた結果、送料は購入者負担になるとの事。スケボー本体の金額が30ドル。送料は片道15ドル。という事は、返品したら往復分の送料の30ドルが丸々損になる訳です。

ちなみに今回はAmazonに出店しているショップから購入したので、このショップの返品規定に従う必要があるとの事。(Amazon本体から商品を購入すると、返品時の送料も全て含めてAmazonが負担してくれるようです。)しょうがないから返品はせずに使う事に。

 

街で乗ってみた結果

全然滑らないので、プッシュ(足の漕ぎ)をひたすら繰り返すしかありません。オフィスから家まで乗ってみたら汗びっしょりになります。ただし、常にプッシュしているおかげで左足だけでボードに乗るのが上手くなりました。ただし、街の人々からはなぜか良い評判を受けます。

通りすがりの人やマクドの店員に「I like your board!!」と言われたり、ボードショップで店員さんと話していると

「軽くていいじゃねえか」

と意外にも好評価を受けました。たしかに全てプラスチックで作られているだけあってとんでもなく軽い。ウィールとベアリングを交換すれば意外と重宝するかもしれません。

30ドルで売りに出そうかと思っています。

スケボーのミニクルーザーの購入を検討している方は絶対に本物のペニーを買ってください!

【追記:続編はこちら】ペニー(Penny) vs グローブバンタム(Glove Bantam)。人気スケボーの違いを徹底比較。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です