新しいブログ始めました「ゼロからの海外就職&留学ブログ」

ハワイなどの海外で人気のお酒・カクテル8選。お洒落バー、クラブ、パーティーで。

最近は付き合いなどで飲みに行く機会が多くなってきたのですが、そんな中で一つ気付いたことがあります。

それは、アメリカ人と日本人が飲むお酒って全然違うな~と。当たり前ですが。。日本での定番は、居酒屋では生ビール焼酎日本酒。お洒落なバーではジントニモスコミュール。クラブではテキーラのショットジントニラムコークみたいな感じですかね?

今日はそんな常識を覆すべく、ハワイ(またはアメリカ、海外)で人気もしくは流行っているお酒を紹介したいと思います。

 

お洒落なバーで

お洒落なバーではジントニックを飲んでおけば何とかなるというのは一昔前の話。現在ハワイで「とりあえずこれを飲んでおけばCool!!!」と思われるお酒は以下の通りです。

マイタイ

「トロピカル・カクテルの女王」の称号を持つ、ハワイの代表的なカクテル。1944年にカリフォルニアで誕生したのですが、ハワイのロイヤルハワイアンホテルで同じカクテルをアレンジして出したところ大ヒットを記録。その後はハワイのカクテルシーンの大御所的存在として圧倒的地位を確立したことは言うまでもありません。

 

ちなみにハワイ・ワイキキのお洒落どころのバー「ラムファイヤー」や「マイタイバー」で飲むマイタイは、安いバーで飲むものよりも圧倒的なクオリティーの違いを感じさせてくれます。アルコール度数は高いかも。

【作り方】

  • オールド・ジャマイカ・ラム(J.レイ&ネフュー社) – 2オンスをシェーブドアイスに注ぐ。
  • ライム・ジュース – ライム1個分を注ぐ。
  • オレンジ・キュラソー – 1/2オンス
  • シロップ – 1/4オンス
  • オルジェー・シロップ – 1/2オンスをいれよく混ぜる。
  • ミントを1枝デコレーションする。

 

IPA(クラフトビール)

クラフトビール一番の人気どころ。味は銘柄によって変わりますが、フルーティーなものが多いので女性にも人気です。日本でもAmazonから輸入品が購入できます。

アルコール度数は6%~8%と、ビールにしては高め。
「迷ったらIPA」という格言があるくらい選んでおいて間違いないビールです。

 

マルガリータ

テキーラベースのかなり美味しいお酒。ソルティードッグのように、グラスの縁に塩がついているところもポイント高いです。塩が好きなので。

名前の由来は、「どんな酒も塩をなめながら飲むガールフレンドのために、1936年にメキシコのホテルのバーテンダーが作り、ガールフレンドの名前をとって名付られた。」だそうです。(引用Wikipediaより)

【作り方】

  • テキーラ 1/2.
  • ホワイト・キュラソー(オレンジ風味のリキュール) 1/4.
  • レモン・ジュース、またはライム・ジュース 1/4.

 

クラブで

アメリカのクラブではショットやカクテルの値段が高いので、日本と同じような感覚で飲むとあっという間にお金が消えてしまいます。

そんな事情もあってか、アメリカ人は初っ端に強いお酒を飲んでいい感じのほろ酔いになり、酔いが覚める頃には潔く帰る人が多いです。

 

AMF(Addios Mother Fucker)

ハワイの大学生とかがよく飲んでいるパーティードリンク。いろんなリキュールをチャンポンしているのでかなり悪酔いします。

I wasn't ready for it lol #addiosmotherfucker #toearly

A post shared by Jesse Pond (@swift13jesse7) on

材料は以下の通り。

  • 1/2 oz ウォッカ
  • 1/2 oz ラム
  • 1/2 oz テキーラ
  • 1/2 oz ジン
  • 1/2 oz ブルーキュラソー
  • 2 oz sweet and sour mix
  • 2 oz 7-Up® ソーダ

 

そら悪酔いするわっ!!しかしながら味は飲み易くて美味しいので注意が必要です。Addios(アディオス)とかAMFと言えば通じます。

 

jager bomb(イエガーボム)

日本でも最近流行ってきているので知っている人も多いかと思います。イエガーマイスターというリキュールにレッドブルを合わせたカクテルで、如何せんレッドブルが入っているので眠気は覚めます。

飲むシチュエーションとしては、クラブに入った初っ端や少し疲れてきた時、眠くなってきた時など。ただしカフェインが入っているので帰宅後眠れなかったりもします。

 

ハワイのコンビニで

以下に紹介するお酒は、酒好きで有名な友人に薦められた安くて美味しいやつです。流行っているという訳ではありませんが、通が紹介してくるくらいなので中々のクオリティーなんだと思います。

アングリーオーチャード

ハワイのABCマートで2本3ドルで買えるりんご酒。アップルジュースとサイダーを混ぜたような味。アルコール度数は5度とそれほど高くないので、ジュース感覚で飲めます。

 

マウイビール(IPA)

ハワイのローソンで2.5ドルくらいで売っているマウイ産クラフトビール。

フルーティーな味なので飲み易いですが、アルコール度数8%と高めなので意外に酔います。あ、さっきIPA紹介しましたね。それの一種です。

 

ネタで

よく飲み会などで話題になるお酒。以下の2種類はかなり危険なので、一度試してみてください。

 

151(ワン・ファイブ・ワン)

純度75.5%、ショットで飲むと喉が焼ける感覚がするという悪名高いお酒。よく罰ゲームに利用されます。お酒が強い私ですら、シラフの状態から1ショット飲むだけで泥酔状態になるほど危険なやつなので、基本的に飲むことはお勧めしません。

その昔友人が何を考えたのかボトル一本丸ごとパーティーに持参してきたのですが、ほとんど誰も手をつけないので全く消費されず。その後の別のパーティーでも度々同じボトルが登場し、いつこのボトルが空になる日が来るのかと話題になったこともありました。

 

ブラック・ルシアン(Black Russian)

先日友人と「世界で一番強いお酒は何か?」という話をしていた時に候補に挙がったのがこのブラック・ルシアン。ウォッカとカルーアを混ぜるだけで作れます。

12 hours ago #blackrussian

A post shared by 하은 (@xa_eun) on

特にコーヒー好きの方にはお勧めで、カルーアのフレーバーがまろやかな味を醸し出します。リキュールをリキュールで割っているので、ショット3,4杯をちび飲みするような感覚ですね。その割には美味しいので、危険なカクテルと言えるでしょう。

 

以上です。こんな記事を書いておいてあれですが、飲み過ぎにはくれぐれもご注意くださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です