新しいブログ始めました「ゼロからの海外就職&留学ブログ」

堀江貴文著の自己啓発本「君がオヤジになる前に」をブッタギル!!(ただの感想)

最近はモチベーションが低下しつつあったのですが、なんとか持ち直すことが出来たのかもしれません。この本のおかげで。

昔よく本屋さんの店頭などで見たホリエモンこと堀江貴文さんの本。当時はなんか時の人としてしか見ていなかったせいか興味を持たなかったのですが、最近の彼の情報発信力に感化されて、試しに買ってみました。

本の感想

読んでみた感想としては、とりあえず読んでよかったなと思いましたよ。私は今はホリエモンのことをかなり尊敬しているのですが、一番好きなところは「バカ正直なところ」ですかね。

「こういうこと言ったら好感度下がるだろうな~」という感覚が彼には無いせいで、普通地位や権力のある人が発言できないような一歩踏み込んだアドバイスをしてくれるし、きれいごとも一切ない。

かと言って上から目線で勝手にアドバイスしてくる感じではなく、「自分だったらここう考える」とか「過去にこういう経験をした」といったような口調で語りかけたり、書きながら自問自答をしている様子さえ見せてくれたところに好印象を持ちました。

 

読書後に影響を受けたこと

こういう自己啓発本を読んだ後に大切なことは、読む前と読んだ後の気持ちの変化や、それがどうアクションにつながるかが大事だと思うので、そこらへんをメモしておきたいと思います。

 

孤独と向き合い、それをビジネスの世界にぶつける

ホリエモンとは全くの別世界を歩んでいる私ですが、少し似ていると感じたのがキャリアややりたいことを優先するために家族や友人を捨ててきたこと。

私の場合は捨ててきたとまではいきませんが、住む場所をコロコロ変えてきたせいもあって親や古い友人とまめに連絡をとることはほとんどないので、ふとした時に孤独を感じることはよくあります。

photo credit: BaileyRaeWeaver Sirry, times up via photopin (license)

ただし、この本を読んだ後には「自分だけでは無いんだな」という妙な安心感が生まれたと同時に、ましてやそれがビジネス界の大物であるホリエモンであるというのだから「自分は間違ってなかった。これからも頑張ろう」という勇気をもらいました。

 

アイディアよりも価値のある実行力

好きなくだりは「これだけネットが普及するとアイディアに価値はない」のところらへんです。ビルゲイツも同じようなことを言ってますが、会社勤めをしていると本当に実感します。

というのも、私の周りにもアイディアばかり提言してきて一切行動しない人が多い。月に一回マーケティング会議があるけれども、アクションも成果も無いのでただの世間話になっている。

私の印象では、本当に実行力のある人はアイデアを他人に漏らさずこっそり実行して、結果をノウハウとして持つけれどもこれも他言しない、みたいな人が多いですね。そういう人は実際に情報を売っていたりもするし。アイデアというのは実行して成果を出し、ノウハウとして自分の中に貯めこんでようやく値がつくものだということですわ。愚痴っぽくなりましたが、ここらへんは肝に銘じておきたいと思います。

 

起業やフリーランスというキャリア

ご存知の通りライブドアを起業して成功した後のトラブルで全てを失い、その後にはフリーで活動されているホリエモンですが、現在は一人で自由に動ける環境を気に入っているとのこと。

私もWeb業界で働いている以上この二つは選択肢として頭の片隅には置いているのですが、ホリエモンの苦労話や現在の活動内容などはとても参考になりました。

 

総合評価は。。

冒頭でも述べましたが、キャリアについて考え始める20代、30代の男性(この本は男性目線で書かれているため)には強くお勧めしたい本だと思います。

彼の生臭い思考や経験はオリジナリティーがあると思うし、合理主義者の考え方に触れるという意味でも一見の価値はあると思います。評価は。。

星4つです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です