評判No.1の格安Sim「IIJmio」を2年間使った感想【携帯代月3000円以内】

評判No.1の格安Sim

こんにちは、世界のヘイショーです。

ふきげん猫ちび

格安Simを使って携帯代をコストダウンしたい
いろいろな格安Simの種類とプランがあるけど、どれがいいの?

ふきげん猫ちび

ふきげん猫ちび

データは足りる?電話代と合わせて総額いくらくらいになる?

本日は、このような疑問に答えたいと思います。

結論から言うと、僕はIIJmioのライトスタートプラン(電話番号、6GB付き)を利用して毎月の携帯代を3000円くらいに抑えています

しかも、データや電話代を意識的に抑えることはしていません。

世界のヘイショー

YouTubeも見たい時に見ています。

今回の記事では、以下の内容について詳しく解説していきます。

  • IIJsim、もしくは格安Simがおすすめな人
  • IIJmioの料金プランとおすすめのプラン
  • 通話料はどのくらいかかる?
  • データは6GBで足りるの?
  • デメリットは?
  • IIJmioの他の人からの評判、口コミ
  • 他の格安Simの価格比較
  • 常にキャンペーンを適用させる裏技

ちなみに僕はiiJmioを約2年くらい使用しているのですが、自信を持ってお勧めできると考えたのでブログで紹介しようと思いました。

その証拠をお見せしたいと思います。

IIJsim、もしくは格安Simがおすすめな人

結論から言うと、以下のような方はau、docomo、softbankのようなキャリアを止めて格安Simに乗り換えた方が良いです。

  • コミュニケーションの中心がLine
  • 電話の発信はあまり自分からしない。したとしても、合計で月に1時間以内
  • データを大量に消費しない。(外出中に毎日スマホでゲームをしない、または映画を見ない人) → 一日一回20分くらいYouTubeを見るくらいの程度であればOKです。

周りを見回しても、このような人がほとんどなのではないでしょうか。

このような方が格安Simを利用すると、毎月の携帯代が2000円台に抑えることができます。

IIJmioの料金プランとおすすめのプラン

IIJmioの料金プランとおすすめのプラン

引用: https://www.iijmio.jp/hdd/spec/

僕はライトスタートプランの音声通話機能付きSIMを使っています。

これだと基本料金が2220円なのですが、通話料が毎月500円以内なので、いつも大体3000円以内に収まっています。

通話料はどのくらいかかる?

普通に電話すると30秒20円と高いのですが、「みおふぉんダイアル」というアプリから発信すると30秒10円で通話できます。

使い方は普通に電話番号を入力して発信するだけなので問題無いのですが、他のアプリやWebサイトから1クリックで電話したい時にこれが自動で立ち上がらないので、若干不便なところはあります。

世界のヘイショー

ただし僕は自分から発信をほとんどしないので、あまり気になりませんが。

データは6GBで足りるの?

僕はスマホのヘビーユーザーなので実は微妙なところなのですが、大体は6GB以内に収まります。

世界のヘイショー

ちなみに僕は外出時は常にApple Musicやpodcastを聞いているし、友人と遊ぶときは何かとYouTubeやSNSの動画を見る機会が多くあります。

月のデータ使用料が6GBを超えると、4Gが使えなくなるので回線が遅くなります。

ただし回線が遅くなっても、LineやApple Music、podcastは問題なく使えます。

SNSやWebの閲覧は少し遅くなるのでストレスが溜まります。

デメリットは?

iiJmioは基本的に素晴らしいコスパなので満足しているのですが、以下の点には少し苦慮しています。

ホームページの会員用サイトの使い勝手が悪いので、データ照会ページに行くまでいつも戸惑う

データ使用料が6GBを超えて、「あれ、なんか回線が遅いな。6GB超えたかな?」と疑問に思ってデータ照会ページを見に行く時にのみ発生します。

それ以外でマイページにログインする機会はないです。

自分の忘備録も兼ねて、データ照会ページまでの行き方を載せておきます。

手順2
トップページ から「会員専用ページ」をクリック
 IIjmio-会員専用ページ
手順3
会員専用ページ → 「データ利用料照会&上限値変更」をクリック
 IIJmio-会員専用ページ
手順4
設定ページ → クーポンの設定というカテゴリー内にある「データ利用量照会」をクリック
 IIJmio-設定ページ
手順5
データ利用料照会ページから見ることができます
データ利用料照会ページ

調べながら分かったのですが、https://www.iijmio.jp/service/setup/hdd/viewdata/ のページからログインIDとパスワードを入力するだけでもここに到着できますね。

世界のヘイショー

今まで苦労してきたので載せておきました。

IIJmioの他の人からの評判、口コミ

僕の意見ばかりだと偏るので、他の方の意見も拾ってみました。

参考 IIJmio Sim 評判・設定・iPhone SE/6s/iPad Pro まとめ 【格安SIM】| Naverまとめ
参考 Docomo から IIJmio に乗り換えるとき 参考になるサイト | Naverまとめ

他の格安Simの価格比較

音声通話付き、データ容量5~7GBという条件で並べてみました。

IIJmio

  • 容量:6 GB
  • 月額料金:2220円
  • 通話料:20円/30円(アプリ使用で10円/30円)

参考https://www.iijmio.jp/hdd/spec/

僕が調べた中では、IIJmioが最安値でした。

ここからさらにギガゾウという特典があるので、個人的には今のところIIJmioの圧倒的勝利だと思っています。

Lineモバイル

  • 容量:5GB
  • 月額料金:2220円
  • 通話料:20円/30円(アプリ使用で10円/30円)

参考https://mobile.line.me/plan/

UQモバイル

  • 容量:9GB
  • 月額料金: 2980円
  • 通話料:20円/30円

参考 https://www.uqwimax.jp/mobile/plan/talk/

UQはポケットWifiのWi-Maxを販売している会社ですね。

僕はWi-Maxを利用していましたが、解約する時に3万円くらいぼったくられた経験があるので、正直この会社はあまり信用できません。

料金プランの表記もなんか注意書きが多いので、いろいろなトリックを仕掛けてそうです。

DMMモバイル

  • 容量:7GB
  • 月額料金: 2560円
  • 通話料:20円/30円

参考 https://mvno.dmm.com/fee/index.html

他と比べるとちょっと高めです。

Yモバイル

  • 容量:6GB
  • 月額料金: 3980円
  • 通話料:かけ放題(1回10分以内)

参考 https://mvno.dmm.com/fee/index.html

通話料がかけ放題という特徴がありますので、電話での通話が多い人は検討しても良いかもしれません。

ただし1回につき10分しか通話できませんが。

常にキャンペーンを適用させる裏技

IIJmioはしょっちゅうキャンペーンをしているので、契約後1年経った後に解約したまた新しい回線を契約する、ということを繰り返せば、常にキャンペーンが適用されている状態になります。

僕はすでにこの方法を実践したのですが、不安だったので店員さんに「こういうことをしてもよいか?」と確認したところ、問題無しとのことでした。

ただしこれを行うと電話番号が変わります。

僕も「電話番号が変わるのは微妙だなー」と思っていたのですが、着信履歴を見るとエージェントとかばかりだったので、割引のために電話番号を変えました。

世界のヘイショー

今ではこの判断は大正解だったと実感しています。

ヘイショーからは以上です。

皆さんのお役に立てば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。