iPhone8赤(レッド)が発売!感想、おすすめケースなど紹介

iphone8赤(レッド)

こんにちは、世界のヘイショーです。最近は、世の中の移り変わりの早さを感じます。なぜならば。。。

iPhone8レッド(赤)モデルが発売!

僕自身は持ってないのですが、iPhone7赤(レッド)信者の私としてはこのトピックに触れざるを得ませんでした。なぜなら。。。

ヘイショー

赤色はおすすめなんです!!

という訳で早速店頭に行ってみた訳なんですが、そこで待っていた衝撃の風景がこれ。

ヘイショー

フロントのスクリーンの周りが黒い!!

しかも背面がガラスになっている分、鮮やかな赤色が映えている。。。恐ろしいと思いますが、買うかもしれません。僕はこうやって資本主義経済に引きずり込まれて、稼いでも稼いでもキリのない資本主義の餌食となり死ぬまで過酷な労働を続けるのでしょう。前置きが長くなりましたが、本日はiPhone8赤(レッド)の紹介を書きたいと思います。

おすすめケース

以前iPhone7の赤を購入した時に、透明で薄いカバーを探しまくった記憶があります。

赤が映えるiPhone7レッドに合う超極薄クリアケース特集。人気の透明カバーを徹底比較!

iPhone7用に売られている透明のケースは基本的にiPhone8用のシリーズも販売されていると思うので、参考にしてみてください。ちなみにざっと今調べてみたのですが、自分が購入するとすれば以下の2点に落ち着くと思います。

TC JoyのiPhone8ケース

僕がiPhone7レッド用に使っているのと同じシリーズです。当時いろいろと調べた結果、これが一番薄かったと思います。

Memumiの0.3mm iPhone8カバー

0.3mmは業界最薄値だと思います。レビューも良いし、気になります。

iPhone8とiPhone7の違い

忙しそうにしていた店員さんに10秒で説明してもらったiPhone8の特徴はこちら。

  • 背面がガラス
  • ワイヤレス充電
  • プロセッサーが早い
  • カメラの性能が良い

ちなみにiPhone8を持っている友人に聞いたところ、カメラ性能は7と比較して桁違いに上がっていました。

iphone7で撮った画像

iphone7で撮った画像

iphone8で撮った画像

iphone8で撮った画像

iPhone8の方がだいぶ明るいです。Webで見ると違いは分かりにくいですが、スマホで見ると一目瞭然。一番の違いはカメラと言えるでしょう。

iOS11の進化も凄い

店頭でiPhone8を触ってみてOSがすごく変わっていたのですが、確認したところ数日前にiOS11がリリースされていたようです。アプリ一覧を見る画面が大幅に変わっていました。マックに近くなった感じ。あと嬉しいのが、画面を録画できるようになったことですね!

新機能についてはまだまだ調査中なので、確認でき次第追記していきたいと思います。もちろんiPhone7でも使えます。

スペックで見るiPhone7とiPhone8の違い

  iPhone8 iPhone7
ディスプレイ 4.7インチ、解像度326ppi 4.7インチ、解像度326ppi
重さ 148g 138g
ストレージ 64 or 256GB 32 or 128GB
プロセッサー A11 Bionic chip A10 Fusion chip
フロントカメラ 7 MP photos and 1080p HD video 7 MP photos and 1080p HD video
リアーカメラ 12MP camera 12MP camera
バッテリー 1821 mAh 1960 mAh
Silver, Gold and Space Gray Rose Gold, Gold, Silver, Black, Jet Black

バッテリー寿命はiPhone7の方が長いようですね。カメラもスペック上は同じ。ただ実際に使ってみないと分からないと思いますが。。

結論

あくまでも私個人の意見ですが、赤色のiPhoneは色が綺麗なのでいつ見てもテンションが上がります。あと実用的なメリットがあるとすれば、目立つので待ち合わせの時なんかに見つけてもらいやすくなります。

ちなみにヒカキンさんはすでに購入したようですね。やっぱり動画で見ると色味が分かりやすいかもしれません。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。