ヴィーガン/ベジタリアンを辞めてペスコトリアンになった理由

ペスカトリアン

こんにちは、世界のヘイショーです。

僕は3年前くらいからベジタリアン/ヴィーガンの世界に興味を持ち始め、2年前からヴィーガンになったのですが、最近はいろいろと思うことがあってヴィーガン/ベジタリアンを辞めました。

このブログでは動物愛護に関する記事をいくつかアップしていたのですごく後ろめたい気持ちでいっぱいです。

ただしだからといってバクバクと肉を食べているのではなく、必要であれば卵、乳製品、魚介類を食べるという認識です。

このようなライフスタイルをカテゴライズするとすれば、ペスコトリアンと言うらしい。

本当のことを言うと続けたかった気持ちはありますが、日本で半年間がんばった結果、難しかったです。

だからこれからは妥協してペスコトリアンになります。

ただ誤解を解くために言うと、もともと僕は他人に対してヴィーガンを薦めたことはありませんでした。

ヴィーガンになるためには深い知識と強い精神力が必要な訳で、人間全員がその資質を持っているかというと、そんなことは絶対にない訳で。

A

毎日肉を食べていたのを、週2回までに制限しよう
とりあえずペスカトリアンになってみよう

B

これくらいのゆる~い感覚で取り組むのが万人向けで良いのではないかと考えています。

なので今回の記事では、僕がベジタリアンを辞めた理由と、個人的に一番気軽でメリットも多いと考える「ペスカトリアン」の詳細について書いてみます。

ベジタリアンを辞めた理由

理由1  交友関係が狭くなる

東京に来て半年が経ちますが、友達も少ないし恋人もいないので寂しいと感じることが多くありました。

本来なら飲み会とかにがんがん行って友達を作りたいところですが、外食に行くと食べるものがありませんでした。

サラダだけを食べたり具なしのパスタを食べたり。

それでいて会費5000円とられるのではなんか損した気持ちになります。

さらに、友人と遊んでいてご飯を食べに行こう、ってなってもなかなかお店が決まらなかったり。

女性とデートする時も同じ。

僕がすでに結婚して家庭を気づいたりしていたら話は別なんでしょうが。。

焼肉屋でサラダを食べることに何の意味があるのか。

ヴィーガンの友人の中には、「ピザ屋さんで肉を抜いてもらう」ということをしている人もいましたが、僕にはそれが何の意味があるのかが分かりませんでした。

世界のヘイショー

それって肉の消費量を減らすことに貢献してるのか?

ヴィーガンのシーンに貢献するためには、ヴィーガンのお店に行くのが一番よいと思います。

ただし、ヴィーガンのレストランはあんまりないし、あったとしても高いんですよね。

理由2  お腹がぽっこりと出てきた

これはおそらく僕が炭水化物を多く摂っている影響だと思います。

世界のヘイショー

しっかりと運動をして脂肪を燃焼させることが出来れば問題ありませんが。。

理由3  一人ではモチベーションが続かなかった

僕がハワイに住んでいた頃は、ヴィーガンの友人が何人かいたので、動物愛護の話をしたりしてたまにモチベーションを上げる機会があったのですが、東京に住み始めてからは孤独に続けざるを得ませんでした。

世界のヘイショー

もしも励ましあえる仲間がいれば、もう少し頑張れたのかもしれませんが。

ヴィーガンに挑戦する人がいれば素直に尊敬します。

「意志が弱い」と責められても仕方がないと思いますが、挑戦した結果がこれだったので悔いはありません。

家でヴィーガンでいることはまったく問題ありませんが、日本で外食する機会が多ければかなり難しいということが分かりました。

これからもヴィーガンの方々や思想を応援し続けるし、ヴィーガンカフェやレストランには出来るだけ行きたいと思います。

世界のヘイショー

もしくは、もし将来自分の周りにヴィーガンが多くなったら、また挑戦したいと思います。

ペスコトリアンとは?

ペスコトリアンとは、肉以外なんでも食べる人達のことです。

魚を食べることが出来るので、動物愛護への関心の低い日本においても実践することは簡単です。

健康面でも一番メリットがあるとか聞いたことがあります。

ヴィーガンみたいに特定の栄養素が不足しやすいということもないので、明日からでも実践できます。

動物の犠牲を減らすことができるのか?

これは僕の個人的な意見ですが、日本ではヴィーガンの普及活動をするよりもペスカトリアンの普及に努めた方が肉の消費量を抑えることが出来るのではないかと考えています。

なぜなら、ペスカトリアンのようなゆる~い考えの方が気軽で始めやすいし、ヴィーガンの考え方を発信するだけで髪の毛を逆立てて「強要するな」とディスってくる人も多いので。

ジョン・レノンの奥さんで有名人のオノ・ヨーコさんは「週に一度はノーミート」の活動を行っていますが、これくらいの提案の方が現実的ですよね。

まとめ

言い訳をいろいろと書きましたが、要約すると今は東京で社交的になることを優先したいという話です。

異論、反論があれば受け付けますので、コメント欄にどうぞ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。